私の「New Workstyle」

ブログリレー

こんにちは!
ACALLセールスサポート担当の吉原です。

4月28日からスタートしたブログリレー!
みなさんの「New Workstyle」をワクワクしながら読ませていただいています!

私は3月にACALLへ転職し、約3か月が経ちました。
新型コロナウイルスの影響で入社後すぐにフルリモートワークとなってしまったのですが、
そのような環境の中で私なりの「New Workstyle」について書いてみました。

私に起こった変化

家族と過ごす時間が増えた

フルリモートワークとなり、旦那さんと家で過ごす時間が増えました。旦那さんも在宅勤務をする機会が増え、普段は見られない仕事中の姿が見られたり、平日に昼食を一緒に食べられたりとなかなか新鮮です。通勤時間が無くなったので、仕事が終わったあとも以前よりもたっぷり一緒に過ごせます。
会議や電話などでお互い声が入らないようになど、もちろん気を遣う場面も多々ありますが、頑張っている姿を目の当たりにし、感謝の言葉を交わす機会が増え、お互いの存在のありがたさを改めて感じることができています。

お金が貯まった

我が家では、毎月月末になると「決算!」と呼んでいる日があります。数字が苦手な私と経理マンである旦那さんとで一緒にエクセルで家計簿を作り、家計やお互いのお小遣いの収支をチェックします。
4月の決算をしたところ、なんと!外出しないだけで私の支出がいつもの半分以下に減っていました!(私は外出するとついつい買い物してしまうタイプです。笑)家計全体でも支出はかなり減っていました。

運動不足に・・・

元から出不精で運動不足だったのですが、数少ない運動だった通勤での自転車(家から最寄り駅まで徒歩25分となかなか遠いのです…)と半年前から毎週休日に通っていたヨガ教室が休講となってしまい、運動不足が加速しています。危機感を感じ、最近はスーパーまで歩いて買い物に出かけたりしていますが、日々、身体が衰えていくのを止めることができません!!!

私の身体を救ったもの(趣味×ワークスペース)

ところで、私の趣味は、PS4のオンラインゲームです!3年前に眠っていたPS3を取り出してきて何気なくはじめたことをきっかけに、”No game No life”となってしまいました。休みの日は夫婦並んでオンラインゲームするのが習慣です。

この趣味のおかげで、あるアイテムが仕事に役立っています!

それは…

ゲーミングチェアです!

フルリモートになってから、運動不足が加速したせいか、前からひどかった肩こりとそれを原因とした頭痛がさらに私を悩ませていました。旦那さんにその相談をしている日々でしたが、私が自宅勤務・旦那さんが出社勤務というある日、「僕のゲーミングチェア使ってみれば?」と提案されました。
これが大正解。1日働き終わったあとの全身の疲労感と肩の重さが全く違いました。

ゲーミングチェアとは、長時間ゲームをプレイするゲーマーたちのために作られた専用の椅子で、座り心地だけでなく、素材や機能にこだわって作られ、正しい姿勢を維持できるなど様々な特徴を持っています。
値段は結構お高めで、10万円を超えるものもありますが、相場は2万~5万くらいといったところです。
外出しないことで支出が減っていた私はゲーミングチェアの購入を決意!今は2台のゲーミングチェアが狭い居間を占領しています(笑)

はじめは、床に座布団を敷いてちゃぶ台で仕事をしていたりもしましたが、肩こりだけでなく、本当に腰やお尻が痛くなるんですよね~。この椅子と出会ってからは、快適に仕事ができるようになりました!
180度近いリクライニングもできて、ドリンクホルダーも付いていて、座り心地も抜群…ゲーミングチェア上でばっちり休憩もできます(笑)

私のものはピンク色で、ちょっと派手ですが、これは小柄な女性用サイズとなっていて(ピンク色しか選択肢がなかった.…)、私の身長(148cm)でもピッタリです。サイズやカラー、素材も様々あるので選ぶのが大変なほどでした。

その他にもゲーム用のモニターを持っているのですが、ノートPCと併用することでマルチディスプレイとして使うことが出来ていたり、ここにきてゲームという趣味が活きています。

これからの私のワークスペース

ゲーミングチェアを導入してから、ワークスペースにちょっと変化を加えるだけで業務効率や健康に効果があることを実感した私が次に狙っているのは、、、

  • ワーク用デスク

  ⇒今はダイニングテーブルを流用しているのでPCで作業をするにはちょっと高い!

  • リストレスト(手首置き用のパッド)

  ⇒前腕が机にあたって痛い!!!

  • オットマン(足置き)

  ⇒1,000円で買った折畳みの踏み台で代用中…。

  • モニターアーム

  ⇒これも旦那さんが使っていて超快適と自慢してきます。

1日の中で長い時間過ごすことになるワークスペースが自分にとって快適な場所であることはとても大事だと思います。自宅にオフィスと同様の環境を用意するのはなかなか難しいですが、私はフルリモートに移行してから、できそうなことからどんどん導入していけたらいいなと思うようになりました。

みなさんのワークスペースについての工夫もぜひ教えていただけたら嬉しいです。

以上、私の「New Workstyle」という名のゲーミングチェアのPRでした。
最後まで読んでいただきありがとうございます!