OST「コロナ下のLIFE&WORKでの困りごと」

デスクのすみっこ ブログリレー

こんにちは。
エンジニアリングチームQA担当のtakaharaです。

緊急事態宣言が延長され、ACALLでは引き続き全員がフルリモート勤務を続けています。
チームのメンバーは椅子やモニター等、自宅の働く環境に色々とこだわりがあるようですので、各自の仕事場紹介してくれるのをひそかに楽しみにしています。是非。
私の自宅からは、デスクのすみっこで仕事ぶりを監視するひとたちの写真です。

「働く場所が自由に選べない」ということ

ACALLはもともとフルフレックス・リモートOKでしたし、今のような状況にもスムーズに対応できました。仕事に差し支えるような大きな問題はないようです。
これまでこのブログ内でもご紹介してきたように、完全リモート勤務になったことで、オンラインでのグループディスカッションや飲み会をはじめ、新しいことにも挑戦してます。
また、エンジニアリングチームは、毎日の朝会やオンラインミーティングなどで会話をする機会も多く、気軽に相談や雑談ができる環境です。

本当に働きやすい、ありがたい環境なのですが、今までの会社では当たり前だったかもしれない「働く場所が自由に選べない」ことが個人に与えている影響について見えてきました。
このあたりで自分たちの体験を掘り下げ、プロダクトに反映させていきたい!
ということで、エンジニアリングチームの第2回OSTで話し合いましたのでご紹介したいと思います。

※OSTについては、先日ujiさんが書いてくれている記事をご覧ください。

第2回OST テーマB「今のLIFE&WORKでの困りごと」

今回このテーマに集まったのは5人です。
みんなから上がってきた困っていることをLife とWorkにわけてご紹介します。

Workの困りごと

  • ミーティング時のリアクションがとりづらい
  • チーム以外の人との雑談が減った
  • 文章でのコミュニケーションで齟齬がでる
  • マイクやカメラ、ネットワークの不調など環境面
  • IoT機器のテスト
  • ON/OFFの切り替え
  • 区切りなく仕事を続けてしまう
  • ミーティング中に家族に気を遣う

Lifeの困りごと

  • 日光を浴びてない
  • 体がだるい
  • 運動不足
  • 出産で離れている家族に会えない
  • 学校がいつ始まるのか
  • 小さいお子さんがいる家庭の過労が心配
  • 楽しみ・変化がない

Workでの変化

意外にも相談しづらいとか、作業効率の低下という話はでませんでした。
Discordの導入など、いろいろな工夫が効いてきているように思います。

共通していたのが、運動不足やON/OFFの切り替えがうまくできないことでの体の不調、変化がないことでのじわじわとした心への負荷でした。
場所が自宅一択となっている状況下で、運動不足や切り替えは、各自試行錯誤している状態です。
気が付いたら休憩なしで働き続けていて疲れるとか、周りに人がいないので眠くなってしまうことがある方もいるようです。

– 思い切って短時間のお昼寝でスッキリする。
– 朝日光を浴びる。ちゃんと着替える。
– toggleなどのツールを使って明示的にON/OFFする。
– ポモドーロ・テクニックのアプリで強制的に休憩をとる。
など、うまくメリハリをつける工夫が必要だと実感しました。
同じようなお悩みをお持ちの方の問題を、ACALLのWorkstyleOSで解決できるようにチームで色々と考えていきます!

Lifeでの変化

フルリモート勤務でずっと家にいることで、家族にかけている負担も心配です。
最近、大笑いしてないかも、というような話もありました。
オンラインミーティング&リモート飲みの時間など生活音に気を遣う、日中ずっと家にいるこども達もストレスを抱えていると思います。

チームのミーティング中、後ろからこどもたちの声が聞こえることは、アイスブレイクになったりもしますし、距離が近づいた気もします。難しいですが、うまくバランスをとりながら、家族も快適に過ごせるような働き方を模索していきたいですね。

我が家でも、学校が休校になり子供は家にこもりっぱなしです。体を動かすために毎日ラジオ体操をしているのですが、向かいあって変顔したり、ぶつかっていったりしながら体操して、笑わせあってスッキリしています。

最後に

こんな時だからこそ、職場だけでなく家族・友人同士お互いに、気遣い・感謝を忘れずに過ごせればと思います。
まだしばらくこの状況は続きますが、LifeもWorkも工夫して、明るく乗り切っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました