Who you are ?

ブログリレー

はじめまして!ACALL People Experience(PX)の籔田です。
私は、“できることを増やし、選択肢を増やすことで、365日ワクワク生きられる人生を。”というビジョンを、ACALLや他社の複業でいわゆる「人事」「HR」という領域から実現しています。

個と企業(チーム)の関わり方がかたちを変えていく今、ACALLのism(らしさ)を通して様々なかたちでExperienceの向上を実現していくことが必要です。人事でもHRでもなくPXというチーム名にその思いを込めました。

ACALLはスタートアップベンチャーなので、組織フェーズと自社の戦略に合わせ、人事領域の中でもまずは、採用、文化醸成の2点。そして、HR領域からは少し離れますが、そのためのコーポレートのブランドづくりにも、今はフォーカスしビジョン実現する日々です。

今回は、そんな人事xブランドづくりという観点から個のビジョンについて綴っていきたいと思います。

読んでくれた方が、少しでも自身の人生を考えるきっかけになれば幸せです!

What is Vision?

ビジョンとは?

ビジョンとは一般的に、「将来のある時点でのありたい状態。将来の構想。未来像。」と言われるものです。ゴールではなく、羅針盤のような向かうべき大きな方向性です。

個人も、企業(チーム)にもこのビジョンが必要不可欠な時代にいて、今後その必要性は高まります。

皆さんは、自身の“ビジョン”ありますか

ビジョナリーさなんて必要なかったこれまで

これまでは、製造業の「工場モデル」大量生産、大量消費を前提とした社会システムで成り立ってきました。戦後、復興を行っていく中で、日本は素直にはたらく協調性のある人を評価し大量に採用してきた背景があり、日本が独立した1954年から1991年にバブルピークまで平均7%の成長が続き、黙ってはたらけば10年で所得が倍になる時代が続いたのです。

お金のためにはたらく時代、ですね。(もちろんその時代があり、今の日本があり、私たちはいるということは事実であり個人的に私は、感謝しないとなとも思うことは大前提ではあります。

教育もそのためであり、「正解」を教え、それに従順な子供が評価されてきたことで、自ら考える、自身で正解を考え、正解にしていく力が養われずにきてしまった背景があります。※新卒採用すると見える日本の課題。こちらはまた別途。

そんな時代を経て、今、設備投資が重要となる製造業から、IT含め第3次産業中心に移り変わり、かつてのような工場モデルではなく、新しくクリエイトしていく発想が重要視されている中で、日本の従来の教育や雇用の大きな課題が浮き彫りとなり、それが歪な形で「はたらきかた改革」と称されていきます・・

必要不可欠になるこれから

そういった背景から、今、そしてこれからは正解のないものに対して自ら考えクリエイトする。自らが正解をつくることでしか価値を発揮できない世の中になっていきます。

VUCAの時代、様々なパラダイムシフトが起きている今、お金のために「はたらく」いわゆる「労働する」時代は、終わっていきます。

好きなものを突き詰める時代。

WORKとPLAYはどんどんMIXされ、ボーダレスになっていきます。

ある人にとっては難しい、ある人にとってはワクワクする、時代です。

Who you are? 

HARD THINGSの著者で有名なベン・ホロウィッツの新刊のタイトルですが、

自身が何を実現したいのか?何のために、どう生きたいのか?どんな人でありたいのか?人生100年時代の中で、一人一人が自分の人生について、ビジョンについて考えるべき時代に私たちは立っています。

不変的なものではない

冒頭で言ったように、ビジョンは羅針盤のようなものです。船をその方向へ進めている中で、様々な景色が見えるようになります。それはビジョン実現してきたからこそ見えた景色です。ビジョンを実現していく中で、自身のビジョンが変化することや解像度があがること、より遠くの大きな抽象的なことに変わることもあります。※これはまた別途。興味ある方は、カウンセリングします!(笑)

ビジョンは永久的に変わらないものではない。変化していくものです。

個人も企業もどう生きていきたいか?

個人に限ったことではなく、企業においても同様です。

売上は重要ですが、それは何のためなのか?それがビジョンです。

個人も同じです。売上は、顧客や世の中に提供した価値。個人の給与も同じで、会社員であれば、給与は世の中に提供した価値の対価です。

価値観も同じことが言えます。よく個人がオンオフを切り替えなきゃいけない、切り替えているという表現を耳にします。それはありのままの自身でいられているのでしょうか?(もちろんスイッチは必要)

お金や売上、手段ではなく何のために、どう生きていくのか?のマッチで、個人は所属する、手を握るチームを選択する。

また、企業側も法人格というものは一人ではなくその企業のメンバー全員で(法)人格となるのですから、個人がありのままいられる、つまりバリューマッチしている相手を選ぶことが双方にとって幸せなのです。

自身の「内」に目を向ける

このように、まずは、どんな価値を提供したいのか?何のために、どう生きたいのか?どんな人になりたいのか?

を理解することが重要です。

どんな人になりたいか?からでもいいのです。まずはぜひ、言語化をしてみてください。

個人も一色ではない。様々な色から成り立ち、また今後も変わっていく部分もある。でも核となる部分(人格)は大人になった今大きくは変わりません。その変わらない価値観や軸、逆に変わっていく可能性のあるものを知る作業でもあるのです。

そして次のステップとしては、自身が「人」に何を提供したいのか?

時代は変わっても人は一人では生きることはできず、誰かに支えられ、支え生きることができています。これは原始時代から不変的なもの。

隣の、その隣の誰かに・・どんな価値提供を自分はできるのか?したいと思うのか?それがビジョンの根底だと思います。

私のビジョンと企業のビジョン

私のビジョン

冒頭で書きましたが私のビジョンは

“できることを増やし、選択肢を増やすことで365日ワクワク生きられる人生を”増やすことです。

自身の人生もしかり、世の中にそういった人生を増やしていきたいと考えています。

私自身、好奇心旺盛で人との出会いで、違った文化を知ることやそれにより世界や視野がひろがることが好きで、小さい頃から原動力はそこにありました。人生において、この先も好奇心をもって、新しい世界に飛び込んでいきたい。土台はそこにあります。

そのためには選択肢を増やすことが必要です。では、どうすれば選択肢は増えるのか?

できることを増やすことです。自分自身ができることが増えなければ選択肢は増えません。(この話長くなるのでまたの機会に笑)

そして、できることを増やすためには、「挑戦すること」です。

昨日できなかったことを今日できるようになる。今年できなかったことを来年はできるようになる。シンプルだけど、意外とこれができていないものです。違うことをしているようで同じことをしている。

お気づきかもしれませんが、個人だけではなく、これは企業においても同じことです。会社も日々成長しなければなりません。成長は変化。そうしてできることを増やしていくことで世の中へ提供できる価値も変わっていく(最大化する=ビジョン実現していく)のです。※スタートアップはスピードもってこれを実感できるフェーズ。しびれるフェーズにご興味ある方以下DM待っています!

それぞれの個のビジョン実現を通してACALLのVISION実現を

私のこのビジョン実現を通して、ACALLの”Life in Work and Work in Life for Happiness”が実現できると考え、ACALLにジョインしました。

LifeとWorkのバランスではなく、ひとり1つしかないたった1つの人生。私自身もそうであるように、特別な職業じゃなくても「夢中」でワクワクしながらはたらける、大人って365日楽しいんだ!ということを、もっと多くの人に体感してほしいと思っています。

その人「らしく」ありのまま365日ワクワク生きていける人生を増やしていくためにも、Workstyleとは、個人がただ、はたらきやすいStyleをデザインすることではなく、世の中の人にもっと様々な価値を提供できるようTime(時間) x Place(場所)xPeople(What)を多様にデザインできる状態をつくること。

そのために、個人だけではなく、集合体である企業様にとってもその状態を生み出せるよう様々な課題解決や創造的破壊が必要であり、私たちはそんな壮大で、チャレンジングで、ワクワクするビジョンを実現しようとしています(そのために今WorkstyleOSというプロダクトで多様なWorkstyleのデザインを実現しています https://www.acall.jp/

どう生きたいか?何を実現したいか?自身の「内」に目を向け、今のビジョンをまずは言語化してみてください。

そして、自身のビジョンや価値観とACALLのVISIONやVALUESとマッチしていると感じたら、

ぜひ、一緒にビジョン実現しましょう!

カジュアルにお話しすることも可能です。

あなたのビジョンの言語化もお手伝いします。ぜひぜひ、DM、お待ちしています!https://twitter.com/a__yabu


ブログリレー
シェアする
この記事を書いた人
YabutaAsami

“できることを増やし選択肢を増やすことで、365日ワクワク生きられる人生”を増やしたいと、ACALLではPeople Experience Mgrとしてビジョン実現中。わんこと感情が揺さぶられる瞬間とお米が大好物☺︎愛犬は4匹。

YabutaAsamiをフォローする
ACALL BLOG